• HOME
  • CLUB
  • 誰がアートの「価値」を決めるのか
CLUB
  • VIDEO
  • 現代アートとは何か

誰がアートの「価値」を決めるのか

Speaker / 小崎哲哉(ジャーナリスト)

再生時間:1時間7分
収録:2022年3月9日

Overview

バスキアは123億円、リヒターは53億円──バブルともいえる現在のクレイジーなアート市場と、驚きの価格で落札されたアーティスト&作品を振り返った後は、マーケットの中心人物であるコレクター、ギャラリスト、そしてその舞台であるアートフェア、アートフェスティバス、アートオークションについて学びます。スピーカーの小崎哲哉氏は、現代アートの「今」を知るバイブルと言われている『現代アートとは何か』の著者。まだ読んでいない人も、既に読んだ人も必聴の連続アート講座を視聴して、現代アートの「価値」を決めるのは誰か?の答えをみつけてください。
*著作権保護期間(2022年9月現在)の画像はご紹介できません。予めご了承ください。

Speaker

  • 小崎哲哉(おざき・てつや) アートジャーナリスト、プロデューサー

    カルチャーウェブマガジン『REALKYOTO』発行人兼編集長。京都芸術大学大学院芸術研究科教授。同大大学院舞台芸術センター主任研究員。

    1955年東京生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、出版界に入る。89年、新潮社で文化情報誌『03 TOKYO Calling』の創刊に副編集長として携わる。2003年に和英バイリンガルの現代アート雑誌『ART iT』を創刊し、編集長を務めた。編著書に『百年の愚行』『続・百年の愚行』、著書に『現代アートとは何か』『現代アートを殺さないために』などがある。2019年にフランス共和国芸術文化勲章シュヴァリエを受章。

ご注意事項

  • 会員登録、ログインの後、オンライン決済いただくことで、ご視聴いただける有料動画コンテンツとなります。
  • ご購入後のキャンセルは原則お請けすることができません。
  • ご購入後は視聴期間の制限なくマイページよりご視聴が可能ですが、出演者や動画の提供元の申出などにより、配信の継続ができなくなってしまった場合、動画のご視聴ができなくなる可能性がございます、どうかご了承ください。
  • 退会されますと購入コンテンツは全て無効となります、ご注意ください。
Chapter

1.アート市場
・作品の売り手
・作品の買い手
・作品の種類
・価格の決まり方

2.アート市場はなぜこんなにクレイジーなのか?
村上隆、ゲルハルト・リヒター、ジェフ・クーンズ、デイヴッド・ホックニー、デミアン・ハースト、ジャスパー・ジョーンズ、ジャン・ミッシェル・バスキア、ジャクソン・ポロック、ウィレム・デ・クーニング、レオナルド・ダ・ヴィンチ

3.誰がアートの「価値」を決めるのか?
・スーパーコレクター
・メガギャラリーとメガギャラリスト
・アートフェア
・アートフェスティバル
・アートオークション

  • 再生時間:再生時間:1時間7分
  • 収録日:2022年3月9日
料金
500円(税込み)

購入にはログインまたは会員登録が必要です。