CLUB
アートと社会学
  • VIDEO
  • LIBERAL ARTS A

アートと社会学

Guest / 富永京子
Moderator / 山本浩貴

再生時間:1時間39分
収録日:2021年9月16日

Overview

若者が参画する社会運動から彼らが形成するコミュニティや日常生活を眺め、現代の日本社会に生きる若者たちの世界を分析する富永京子さんをゲストに迎えます。人や事象が複雑に絡み合う近代以降の芸術運動と社会運動を対比しながら、時代によって変化するアートが表象するものとは何かを読み解きます。参照するのは、社会問題を作品に深く反映させる、田中功起、開発公明、門馬美喜らのアーティスト。

Guest & Moderator

  • 富永京子(とみなが・きょうこ 社会学者

    1986年北海道生まれ。立命館大学産業社会学部准教授、シノドス国際社会動向研究所理事。専門は社会運動論。著書に『社会運動のサブカルチャー化』(せりか書房)、『社会運動と若者』(ナカニシヤ出版)、共著に『高校生と考える21世紀の論点』(左右社)、『みんなの「わがまま」入門』(左右社)など。コラム「モジモジ系時評」を朝日新聞で連載中。 ほか他紙誌にも寄稿多数。

  • 山本浩貴(やまもと・ひろき) アーティスト、文化研究者

    1986年千葉県生まれ。金沢美術工芸大学講師。一橋大学社会学部卒業。ロンドン芸術大学博士課程修了。ロンドン芸術大学TrAIN研究センター博士研究員、韓国・光州の国立アジア文化殿堂(ACC)の特別研究員、香港理工大学博士研究員、東京芸術大学大学院助教を経て、2021年4月から現職。著書に『現代美術史』(中公新書)、共著に『レイシズムを考える』(共和国)など。

ご注意事項

  • 会員登録、ログインの後、オンライン決済いただくことで、ご視聴いただける有料動画コンテンツとなります。
  • ご購入後のキャンセルは原則お請けすることができません。
  • ご購入後は視聴期間の制限なくマイページよりご視聴が可能ですが、出演者や動画の提供元の申出などにより、配信の継続ができなくなってしまった場合、動画のご視聴ができなくなる可能性がございます、どうかご了承ください。
  • 退会されますと購入コンテンツは全て無効となります、ご注意ください。
  • 2021年にPeatix、ArtStickerにてMAGUSアートスクールとして販売した動画の再録コンテンツとなります。
Chapter

1. 社会運動ーその視覚・感覚的側面
2. 「社会運動サブカルチャー」
3. 現代アート&社会運動と「世代」
4. 社会運動・デモの存在論

料金
3,000円(税込み)

購入にはログインまたは会員登録が必要です。