橋本晶子  Akiko Hashimoto

  • 30 ARTISTS U35
  • 2022
  • 「I saw it, it was yours.」のインスタレーション風景(2021) ©Akiko Hashimoto, Courtesy Gallery Koyanagi Photo: watsonstudio
  • 「Ask him」のインスタレーション風景(2021) ©Akiko Hashimoto Photo: watsonstudio
  • 「I saw it, it was yours.」より《Curtain》のインスタレーション風景(2021)
    ©Akiko Hashimoto, Courtesy Gallery Koyanagi Photo: watsonstudio
  • 「I saw it, it was yours.」のインスタレーション風景(2021)
    ©Akiko Hashimoto, Courtesy Gallery Koyanagi Photo: watsonstudio
  • 「Ask him」のインスタレーション風景(2021)
    ©Akiko Hashimoto Photo: watsonstudio

橋本晶子は、資生堂が企画する公募展「第14回shiseido art egg」で2020年にグランプリを受賞し、今後さらなる活躍が期待される作家のひとりだ。審査対象となった個展「Ask him」は、精緻(せいち)な鉛筆画を使ったインスタレーション。真っ白な空間に、点々と単色の鉛筆画を置く展示手法だった。だが、植物の影を描いた絵が、その手前に設置された別の絵の中の植物と呼応していたり、巨大なトレーシングペーパーに透き通るようなカーテンを描いた絵が窓のように置かれていたり、一方、何も描かれていない大きな紙がカーテンのように空調に揺れていたり。鑑賞者は、絵と空間の両方を認識しながら会場を巡ることになった。展示空間全体が、一回性のひとつの作品であることも特徴だ。空間から絵画を見る、また絵画から空間を見るというアプローチは、ふすま絵や天井画などで体感する空間認識に通じるものがあるとも言える。

橋本晶子
Akiko Hashimoto

1988年生まれ。東京都在住。2015年武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程日本画コース修了。主な受賞歴に、20年第14回shiseido art egg賞。主な展覧会に21年「I saw it, it was yours.」(ギャラリー小柳)、20年「Ask him」(資生堂ギャラリー)、18年「Yesterday's story」(Cite internationale des arts、パリ)、「It's soon.」(Little Barrel)。
作家ウェブサイト

Tags
    Ranking