潘逸舟 Ishu Han

  • 30 ARTISTS U35
  • 2022
  • 《戻る場所》(2011)©Ishu Han, Courtesy of Museum of Contemporary Art Tokyo  Photo: Kenji Morita
  • 《海で考える人》(2016)©︎Ishu Han, Courtesy of ANOMALY
  • 《あなたと私の間にある重さー故郷の大きな食卓》(2018)©Ishu Han, Courtesy of ANOMALY
  • 《戻る場所》(2011)©Ishu Han, Courtesy of Museum of Contemporary Art Tokyo
    Photo: Kenji Morita
  • 《海で考える人》(2016)©︎Ishu Han, Courtesy of ANOMALY
  • 《あなたと私の間にある重さー故郷の大きな食卓》(2018)©Ishu Han, Courtesy of ANOMALY

9歳で中国・上海から青森に移り住んだ潘逸舟は、多くの作品で人間と居場所の関係について言及している。映像、インスタレーション、写真、絵画まで、様々なメディアを用いる。時には自らのパフォーマンスも交え、当事者と他者の間にあるものを探っている。作品のモチーフとしてたびたび登場する海景は、絶えず変化し続ける豊穣(ほうじょう)の象徴であると同時に、政治的な境界をも示唆する。「日産アートアワード2020」では、消波ブロックの形をした立体が海面を漂う映像を中心に構成したインスタレーションを発表。極めて詩的な作品だが、立体を覆うアルミニウム製の防寒シートは、社会的弱者が直面する苦境を痛切に訴えている。それまで彼がテーマとしてきた、移動によって変化する社会と個の問題を、パンデミックがもたらした社会的距離と孤立という課題の中で昇華させたとして、高く評価された。

潘 逸舟
Ishu Han

1987年中国・上海市生まれ、東京都在住。2012年東京藝術大学美術研究科先端芸術表現大学院修了。近年の展覧会に、21年「MOTアニュアル2021 海、リビングルーム、頭蓋骨」(東京都現代美術館)、20年「Thank you Memoryー醸造から創造へ」(弘前れんが倉庫美術館)などがある。20年日産アートアワードグランプリ、14年ACCグランティ、13年何香凝美術館「在地未来」新鋭賞。コレクションに、タグチ・アートコレクション、愛知県美術館など。
作家ウェブサイト Facebook Instagram

Ranking