持田敦子 Atsuko Mochida

  • 30 ARTISTS U35
  • 2022
  • 《T家の転回》(2017) Photo: Ryuichi Taniura
  • 《浮く家》(2019) Photo: Yuki Higuchi
  • 《Mientras mas lejos aumenta la probabilidad de la caída, aprender de ello también es probable(The further you go, you may fall or you may learn)》(2018) Photo: Maité Fernández Barroso
  • 《T家の転回》(2017)
    Photo: Ryuichi Taniura
  • 《浮く家》(2019)
    Photo: Yuki Higuchi
  • 《Mientras mas lejos aumenta la probabilidad de la caída, aprender de ello también es probable(The further you go, you may fall or you may learn)》(2018)
    Photo: Maité Fernández Barroso

持田敦子は、既存の空間や建造物に、壁面や足場などの仮設的な性格を持つ異物を挿入・貫通させたインスタレーション作品を発表している。複数の芸術賞を受賞した《T家の転回》は、祖母の住居の縁側と室内の一部を円形にくり抜き回転させた作品。祖母と共同生活をしながら、老朽化した家屋の記憶をたどったプロジェクトを土台にしている。持田はこれまで、あえて実現可能性の低い計画を提示し、実現させるまでの過程での様々な葛藤を作品に反映させることを重視してきた。コロナ禍で準備段階から開催の中止が懸念された「札幌国際芸術祭2020」では、理論上永遠に伸び続ける階段のプランを発表。オンラインでの開催となった同芸術祭で、アンビルト(建たない)作品の可能性を示した。現在、移住した長野で地域のコミュニティに少しずつ歩み寄りながら、新プロジェクトに向けて動き出している。

持田敦子 Atsuko Mochida

1989年東京都生まれ、長野県在住。2018年バウハウス大学大学院および東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻修了。受賞歴に、21年TERRADA ART AWARD片岡真実賞、18年東京藝術大学サロン・ド・プランタン賞、CAF賞齋藤精一賞、アートアワードトーキョー丸の内今村有策賞。18-19年公益財団法人ポーラ美術振興財団在外研修員。 Photo: Pezhman Zahed
作家ウェブサイト

Tags
    Ranking