• HOME
  • NEWS & CRITICISM
  • エミネムとスヌープ・ドッグのNFTアバターがMTVビデオ・ミュージック・アワードに登場。記念グッズも発売

エミネムとスヌープ・ドッグのNFTアバターがMTVビデオ・ミュージック・アワードに登場。記念グッズも発売

  • 2022年9月5日
  • INTERNATIONAL

Text: Shanti Escalante-De Mattei

人気ラッパーのエミネムとスヌープ・ドッグが、8月28日に開催されたMTVビデオ・ミュージック・アワードの授賞式(VMAs)に、Bored Ape Yacht Club(ボアード・エイプ・ヨット・クラブ、略称BAYC)のNFTアバターを登場させた。2人は、VMAsにノミネートされたシングル曲「From the D 2 the LBC」を、猿のアバターとともに披露している。

エミネムとスヌープ・ドッグのBAYCアバター Ape Editions

エミネムとスヌープ・ドッグは、BAYC(*1)の生みの親であるユガ・ラボから近日発売予定のメタバースゲーム「Otherside(アザーサイド)」にも登場している。Othersideは、BAYCのNFT保有者がエイプのアバターでプレイできるもの。


*1 Bored Ape Yacht Clubは、表情や服装が異なる1万点のエイプ(猿)画像が人気のNFTシリーズ。日本円で1点数千万円から数億円という高値が付いたものもある。

ユガ・ラボによると、現在開発中のOthersideは「ゲーミフィケーションを活用した相互運用性のあるメタバースで、MMORPG(大規模多人数同時参加型オンラインRPG)とWeb3対応のバーチャルワールドの仕組みを融合している」という。

エミネムとスヌープ・ドッグの新曲「From the D 2 the LBC」は、6月下旬にシングルとしてビデオとともに発表された。2人は、ビデオとシングルのカバーアートに自分たちが所有するBAYCのアバター姿で登場。ビデオは、実写とアバターの映像を織り交ぜたものになっている。

エミネムのアバターはグレーのキャップとゴールドのチェーン、スヌープ・ドッグのほうはヒョウ柄の肌にピンクの毛皮のジャケットを着て、スクリーミングイーグルス(米陸軍 第101空挺師団)のヘルメットをかぶっている。

2人はまた、BAYCのNFT所有者が得られる知的財産権を利用し、VMAsでのパフォーマンスの記念グッズをエイプ・エディションズから発売した。首振り人形、スケートボードデッキ、アートプリント、そして「Dynamic Return of Eminem & Snoop Dogg(ド迫力で帰ってきたエミネム&スヌープ・ドッグ)」と題された未発表のコミックのコンセプトアートがインターネットで購入できる。

ちなみに、スヌープ・ドッグのBAYCアバターがかぶっているヘルメットのスクリーミングイーグルスのマークは、軍事専門のデジタル出版社ウィー・アー・ザ・マイティーによると、ベトナム戦争時には反平和の象徴だったという。そのため、一部で物議を醸しているようだ。(翻訳:清水玲奈)

VMAでのパフォーマンス動画はこちら

※本記事は、米国版ARTnewsに2022年8月29日に掲載されました。元記事はこちら

Ranking