西條茜 Akane Saijo

  • 30 ARTISTS U35
  • 2022
  • 《甘い共鳴-Sweet resonance-》(2021) Photo: Masahito Yamamoto
  • 《コキイユ-Coquille-》(2019) Photo: Takeru Koroda
  • 《嘘のゆくえ-Whereabouts of lies-》(2021) Photo: Takeru Koroda
  • 《甘い共鳴-Sweet resonance-》(2021)
    Photo: Masahito Yamamoto
  • 《コキイユ-Coquille-》(2019)
    Photo: Takeru Koroda
  • 《嘘のゆくえ-Whereabouts of lies-》(2021)
    Photo: Takeru Koroda

西條茜は、陶芸と現代美術の二つの領域を繋ぐような作品で知られる。創作の基盤にあるのは「虚構」という概念だ。多彩な釉薬(ゆうやく)で表面を装飾する一方で、陶磁器内部は焼成のために空洞でなければいけないという陶芸作品のあり方に、テーマパークの張りぼてのような虚構性を見いだす。国内外に点在する窯元を訪ね、土地の文化や史実と作家個人の体験や記憶を重ねることで作り上げた虚実曖昧な物語を、陶造形へと転換させている。また《コキイユ》(2019)をきっかけに、作品内部の空洞へ息を吹き込み音を発生させる作品や、自身の身体をなぞった有機的な形状の作品を展開する。2020年からは、声や息を用いたサウンドアーティストのバロンタン・ガブリエとユニット「TŌBOE」を組み、身体的なアプローチを深めながらパフォーマンスにも挑んでいる。

西條茜
Akane Saijo

1989年兵庫県生まれ。2014年京都市立芸術大学大学院美術研究科工芸専攻陶磁器分野修了。20年度京都市芸術文化特別奨励者認定者。主な展覧会に、21年「胎内茶会」(京都市営地下鉄醍醐車庫)、「石塚源太+西條茜by ARTCOURT Gallery」(CADAN有楽町)、19年「越境する工芸」(金沢21世紀美術館)、「タブーの室礼」(ワコールスタディホール京都)。
Instagram

Tags
    Ranking